鹿児島県霧島市のグループホーム・小規模多機能ホーム(通所介護・訪問介護・ショートステイ)。高齢者や認知症の方のための自給自足の農家スタイルな暮らし。

自然を喜ぶ・自給自足の楽しみよいやんせの暮らし!

よいやんせイメージ

土の恵みや雨の恵みをいただきながら、野菜を育てる
うみたてのにわとりの卵から伝わる、あたたかな命のぬくもり
昔ながらの竈の火にかけられた蒸籠から、しゅーっと湯気が吐きだされると炊きあがったもち米を臼に入れ、笑顔で杵を振り上げる
「よいやんせ」の暮らしは、季節とともにあります。

育てる喜び

育てる喜び
育てる喜び2

「よいやんせ」には広大な田んぼや畑があります。ここで食べるもののほとんどが、この田んぼや畑で採れたもの。
車で5分の田んぼには米。施設裏手の畑には、玉ねぎ、人参、ピーマン、水菜、キャベツ、にんにく、さつま芋・・・もう数えきれないほどの野菜が、季節ごとにしっかり土に根を張って育っています。

line02

野菜や米は有機無農薬。畑の面倒を見るのはなかなか大変ですが、ここには、農作物を担当する専任のスタッフがいます。きっとそんな施設は珍しいのではないでしょうか。

畑の面倒を見に、地域の方もときどき手伝いに来られ、植え付けや収穫のときには、入所者の皆さんも一緒に作業を楽しみます。

line01

食べる楽しみ

食べる楽しみ1
食べる楽しみ2

田んぼや畑で採れた野菜をいただくのも、楽しみの一つ。畑からの収穫は、体が喜ぶ季節の恵みです。「よいやんせ」の野菜は、土が本来持っている力で、ゆっくりと滋味豊かに育った、味が濃くておいしい野菜。どんな料理に使っても、それぞれの野菜の味がしっかりと味わえるのです。

line02

ときには入所者の皆さんとご家族、スタッフも一緒に、庭で炭火焼を楽しむことも。林で育てたキノコも一緒に焼いて、醤油を垂らすと、えもいわれぬ美味しさ。醤油や味噌も施設で手作りします。
生きていく基本である「食」。豊かな「食」を味わいながら、毎日を過ごしています。

 

line01

仲間たちとの生活

仲間たちとの生活1
仲間たちとの生活2

「よいやんせ」には、一緒に暮らす仲間がいます。それは、にわとり、カメ、ネコ、山羊といった動物たち。自給自足の暮らしにも、タンパク源は必要。にわとりが産んでくれる卵は、たいせつなタンパク源です。

朝、平飼いされたにわとりが、卵を産み落とします。まだあたたかい卵を手に取ると、ほっこりとしたやさしい気持ちになります。それは命のぬくもりです。

line02

山羊は、テンやイタチ、タヌキからにわとりを守ってくれる守護神。覗きに行くと、ちょっとびっくりした顔で、こちらを見つめています。
カメは玄関横の小さな池のなかで、のんびりと遊泳中。ネコは気まぐれに現れては、おすまししたり、お昼寝したり。
動物たちとのふれあいは、心が和むひとときです。

line01

古いものに学ぶ

古いものに学ぶ1
古いものに学ぶ2

ここには、まるで民俗博物館のように、台所で使う古い民具が置いてあります。いいえ、博物館ではありません。飾りものではなく、実際に使っているのです。
杵、臼、蒸籠、もろ蓋、竈、羽釜、足踏み脱穀機・・・若い方は、いったい何に使うのか、ご存じない方も多いでしょう。でも、入所されるおじいさん、おばあさんの時代は、こんな台所用具が現役で活躍していたのです。

line02

これらの民具を前に、若いスタッフがお年寄りから学び、お年寄りは昔のことを思い出す・・・。古い民具は、そんなコミュニケーションにも役立っています。
竈に薪がくべられ、パチパチと火の粉がはぜると、おじいさん、おばあさんの気持ちも、スタッフの気持ちも、ぽおっと温かくなります。

line01

季節の遊び

季節の遊び1
季節の遊び2

「よいやんせ」の暮らしは、季節の年中行事をたいせつにしています。春はお花見。夏は夕涼みやそうめん流し。そして子どもたちと一緒にサマーキャンプ。秋は運動会に稲落とし、秋刀魚の炭火焼。冬になると味噌作り、餅つき、忘年会。

line02

地域の方が音楽の演奏に来てくださったり、生け花を教えてくださる機会もあります。

庭に咲く色とりどりの花に季節を感じながら、年中行事を楽しんで行くことで、「よいやんせ」の一日は過ぎて行きます。

line01

よいやんせでの生活のイメージ

※クリックで拡大します。

message big

  • よいやんせの様子1
  • よいやんせの様子2
  • ようやんせの様子3

 

  • 老後を楽しむための環境づくり(年の分の楽しみを作っていきたい。)
  • 自然を喜ぶ自給自足の楽しみ(よいやんせの暮らし)
  • 地域交流を大切にしています
  • よいやんせ便り
  • よいやんせ 空き状況

このページのTOPへ