鹿児島県霧島市のグループホーム・小規模多機能ホーム(通所介護・訪問介護・ショートステイ)。高齢者や認知症の方のための自給自足の農家スタイルな暮らし。

ひとりひとりに安心とぬくもりをお年寄りもスタッフも、みんなが笑顔でいられるようにどうぞ、ここに「よいやんせ!」

自然の恵みのなかにある施設

代表取締役 野村ヒロ子
代表取締役 野村ヒロ子

「よいやんせ」は平成16年1月の設立です。
施設周辺には、季節の野菜が豊富に実り、やさしい卵を産むにわとりたちが走り回るなど、暮らしにたいせつな「農」の空間が広がっています。それらの収穫には、施設を利用する方々、スタッフ、そして地域の人たちが関わり、「よいやんせ」と地域の食を支えています。

 

line01

施設づくりのきっかけ

イメージ写真1
イメージ写真2


こうした施設をつくるきっかけになったのは、実母と義母の介護でした。自分自身が介護職として働いていた経験や、身近な家族の介護をしていくなかで、「わたしはこんな介護をしたい」という思いが生まれていました。

line02

その昔、介護職の仲間に、夢物語として語っていたことがあります。「外でにわとりを飼いながら庭を眺められるような、自然に囲まれたところで暮らせたらいいなと思うの。要介護5になっても、体が不自由になっても、話ができなくなっても、あたたかいうみたての卵を手のひらに乗せたら、きっと何かを感じてくれる。そんなケアがしたい」と。
それは、従来の介護とは違った、生きることのやさしさや温もりを織り込んだケアであり、暮らしでした。
その夢物語は、家族の介護に奮闘するなか、まわりの協力もあり、「よいやんせ」の設立として実現しました。

line01

ひとりひとりに向き合った介護

ひとりひとりに向き合った介護イメージ
pic05
pic06

認知症になったお年寄りには、これまで過ごしてきた人生の経験や物語があります。集団としての画一的なケアでは、そのプログラムに個人が押しつぶされてしまうこともあります。ひとりひとりは別々の人間なのです。
わたしたちは、入所されたお年寄りと向き合い、ひとりの人間として尊重しながらケアをすること、無理強いしないことを心がけています。

line02

自然の中で自然に暮らし、自由に過ごせる環境をたいせつにする気持ちから、柵なども設けず、抑制もしません。
そして、入所者に嘘をつかないこと。認知症だからすぐに忘れてしまうかもしれない。でも、嘘やその場のごまかしを、入所者は感じ取ってしまうと思うのです。人間として正直に向き合いたい。そう思っています。
入所者が自分の人生を生ききり、最期を迎えたときに、ご家族から「ここでよかった」という言葉をいただくと、お役に立てて本当によかったと思います。
入所者にとって安心できる場、癒される場でありつづけたい。それがわたしたちの願いです。

line01

地域社会へも参加

pic07

「よいやんせ」で生産した野菜や卵は、施設で利用するだけでなく、近くの物産館などでも販売しています。つまり、施設利用者も、ささやかなことですが、社会参加をしていることになります。このように、喜びや楽しみを、施設と地域とが共有するしくみを「よいやんせ」では目指しています。

line01

気持ちを同じくするスタッフとともに

気持ちを同じくするスタッフとともに

施設のスタッフも、心をひとつにがんばっています。「楽しい職場」「感謝の気持ち」「整理整頓・節約」をモットーに、入所されたお年寄りひとりひとりの心に届く介護を考え続けています。こうした姿勢が、利用する人々や地域の方々にも伝わってくれたらと思いながら運営しています。

line01

「まちの駅」で地域のコミュニケーションスポットに

「まちの駅」で地域のコミュニケーションスポットに

「よいやんせ」は、おもてなしの地域づくりを目指して「まちの駅」にもなっています。「まちの駅」を運営する仲間と情報交換をすることによって、よりよい施設づくりのヒントをもらえることもあります。
「よいやんせ」は、鹿児島弁で「寄っていってください」という意味。地域の人が遊びに寄れる場所として、皆さんにも気軽に足を運んでほしいのです。
どうぞ、ここに「よいやんせ!」

line01

事業運営の目的

「住み慣れた地域の中で、家族やなじみの友人と暮らし続けたい」という願いを支援する。

目的を実現するための暮らしとケア
  1. 慣れ親しんだ生活様式が得られ、続けられる暮らしとケア
  2. 生活の中に役割を持ち、もてる力を発揮できる暮らしとケア
  3. 地域とのつながりを持ち続け、豊かな人間関係を保てる暮らしとケア
  • 運動会
  • あくまき作り
  • あくまき作り

「よいやんせ」の理念

  1. 人として誠実に物事を考え行動することを実践します。

  2. やさしい環境、おいしい食、温かい心で生きる力を支えます。

「よいやんせ」の社訓

pic13社訓写真

  1. 楽しい職場
  2. 感謝の気持ち
  3. 整理整頓・節約
  • 老後を楽しむための環境づくり(年の分の楽しみを作っていきたい。)
  • 自然を喜ぶ自給自足の楽しみ(よいやんせの暮らし)
  • 地域交流を大切にしています
  • よいやんせ便り
  • よいやんせ 空き状況

このページのTOPへ