鹿児島県霧島市のグループホーム・小規模多機能ホーム(通所介護・訪問介護・ショートステイ)。高齢者や認知症の方のための自給自足の農家スタイルな暮らし。

門松作り

今年も残すところあと少しになってきました。

26日によいやんせでは門松作りをしました。門松は簡単そうで難しく、竹の節を割らないように電動カンナで斜めに切っていきました。中でも一番苦戦したのが門松お周りにワラを巻いてワラ紐で結ぶところでした。そんなこんなでどうにか門松は完成しました。

利用者様がこの門松を見て少しでもお正月の気分を感じてもらえたらいいなと思います。

 

       門松作り1          門松作り2

 

                       介護スタッフ 濱田

菊まつりのご案内

EPSON001

脱穀

   先日,よいやんせのミニ田んぼで稲刈りをして掛け干ししたお米が乾燥できたので、7日に脱穀をしました。普通に機械で脱穀をしても面白くないと思い、昔の足でこぎながら落とす脱穀機を倉庫から引っ張り出してきました。ですがこの脱穀機の使い方はスタッフは誰も知らず大先輩の利用者様に指導をいただきながら脱穀しました。その様子を利用者様は見学されとても懐かしそうに見てくれました。脱穀が終わるとトーミというゴミを飛ばす機械に通して精米しました。いざ精米してみると結構なお米がとれミニ田んぼだけで5升ほどありました。

 利用者様が昔を思い出し楽しんでもらえて良かったでした。

 

         DSCN0077DSCN0078

 

介護スタッフ 濱田

稲刈り

  先日、利用者様と一緒によいやんせの池の周りに作ったミニ田んぼの稲刈りをしました。

稲刈りをする中で『私もやってみたい』と稲刈り初体験の女性スタッフは、利用者様から『鎌は引くときに力を入れたら上手にでくっでなぁ~』と鎌の使い方を聞きながら恐る恐る稲を刈っていました。その刈った稲を慣れた手つきで束ねる作業を利用者様が手際よくしてくださったおかげですぐに稲刈りも終わりました。刈り取った稲は小規模の縁側に掛け干しをしていつでも利用者様に見てもらえるようにしました。

 皆さんこのお米を食べるのがとても楽しみだそうです。

 

稲刈り1   稲刈り2

 

 

 

 

 

 

                  介護スタッフ 濱田

秋の遠足

  今月11日に利用者様と一緒に秋の遠足にいってきました。場所は谷山にある『ふるさと考古歴史館』にいきました。当日は天候も良く絶好の遠足日和になりました。歴史館の近くにはコスモス畑が広がっており皆さんコスモスを見たり写真を撮ったりして秋を感じてもらいました。その後は館内でお弁当を食べて午後はねんどで皿作りを体験しました。皆さんオリジナルのお皿を作っていました。帰りの車内でも歌を歌ったりとても喜んで下さいました。

 とてもいい秋の遠足になってよかったでした。

 

  遠足1      遠足2遠足3

 

    遠足4         遠足5

 

                                   介護スタッフ 濱田

  • 老後を楽しむための環境づくり(年の分の楽しみを作っていきたい。)
  • 自然を喜ぶ自給自足の楽しみ(よいやんせの暮らし)
  • 地域交流を大切にしています
  • よいやんせ便り
  • よいやんせ 空き状況

このページのTOPへ